初恋〜おはようの声〜

<Aメロ>

隣の君はどんなことを想う?

どうして話しかけてくるの?

ただでさえ関わりにくい自分に

歩幅を合わせるような優しさで


<Bメロ>

意識をしていいのかな?

勘違いしていいのかな?

時が止まるような

「おはよう」の声


<サビ>

その声を待っている

その声を待っている

君が来るのを待っている

君が来るのを待っている

待っている

待っている

待っている


<Aメロ>

自分は理系

君は文系へと

当然のように別クラス

話す機会なんてなくなったし

階違いの教室

会うことすら・・・


<Bメロ>

回想していいのかな?

忘れた方がいいのかな?

消すことができない

「おはよう」の声


<サビ>

その声を思い出して

その声を思い出して

君が来るのを思い出して

君が来るのを思い出して

思い出して

思い出して

思い出して


<Aメロ>

遠い存在

近い気がしたのに

想うことしか叶わない

たまにだけど見かけることもある

変わらぬ笑顔が時を呼び戻す


<Bメロ>

眺めていていいのかな?

こっちを向いてくれないかな?

もう一度聞きたい

「おはよう」の声


<サビ>

その声が嬉しくて

その声が嬉しくて

君が来るのが嬉しくて

君が来るのが嬉しくて

嬉しくて

嬉しくて

嬉しくて


<Cメロ>

結局3年間ずっと

君が恋しかった

あれ以降関わることもなく

卒業を迎えた

悠介の逃げ場

音楽、競馬の話をメインにやっていきます。 現実世界でいろいろ苦しむ悠介の逃げ場です。その名の通り。

0コメント

  • 1000 / 1000