娘の器

うちの娘は器がでかい。

親バカではないと思う。

5歳になる娘。幼稚園年長になってかなりいろいろしゃべるようになった。

とにかく凄いのは人見知りがなくて、自分以上に人間力があるように思える。


○○ちゃんと○○ちゃんと○○くんと・・・ 無限に出てくる友達の名前

仲のいい3人グループにいつもいるけど、

周りに馴染めない1人を入れてあげて4人グループにしたいだとか。

どんな大人相手にも最初からためらいなく笑顔で寄っていったりだとか。

人見知りしてる年下の女の子の頭なでなでしたりして最終的に心開かせたり


本当にアイドルに向いてるかもしれない。

人を寄せ付ける何かがあると思う。


ライブハウスで誰よりもノッて踊りまくったり、

幼稚園の劇で出番じゃないところでも裏で一生懸命歌ってたり、

CD流せばわかる曲なら永遠に歌い続けるし。

ボーイフレンドも多いらしい。

家に帰るとすごい嬉しそうに寄ってきて最近の出来事を話してくる。


仕事や音楽、人間関係での疲れを癒してくれるんだよな。

ほんと、将来ハロプロのオーディション受けたらどうかな。

自分がやりたくてもできなかった世間とは一味違う歩幅合わせ、

目線に壁の破り方、世で渡る能力は優れてるし、音楽的なものも伸び代を感じる。


発想も面白い。

七夕の短冊に書いた願い事。「バナナが欲しい」

おいおい。どんな現実的な願いだよ。

独自に解釈すると、今が幸せで楽しいし欲しいものは別になくて、

ちょっとお腹すいたからバナナ欲しいなー。ってとこかい。

弟みたいにいかにもな感じでニンニンジャーになりたいとか

子供っぽいこと書かないところがいかす。


女優にも向いてると思う。

おもちゃ置いとけば自分で世界観とストーリー作り出して1人で永遠と劇場が始まるし。

よく聞いてるとそこでも友達の輪に入れてあげる系の内容が多い気がする。

ワレワレハウチュウジンダ トビラヲアケロ サモナクバ

とかポストの外からつぶやいて笑かしてくるし。

あとは自分と同じようにひねくれた道に行かなければ。

悠介の逃げ場

音楽、競馬の話をメインにやっていきます。 現実世界でいろいろ苦しむ悠介の逃げ場です。その名の通り。

0コメント

  • 1000 / 1000