キタサンブラック

この馬、ここまで走るとはほんとに思わなかった。

まさかサトノダイヤモンドをあんな苦しい姿でぶちのめす馬が現れるなんて。


最大の武器はとにかく粘りと頑丈さ

自分でレースを動かして苦しいはずだけどそのままなぎ倒してしまう

あり得ないスパルタを跳ね返して故障もせず何度も化ける無限進化


粘り型のためどうしても瞬発力ヨーイドン決着には弱いが、

最初から飛ばしてヨーイドンタイプに早めに脚を使わせることもできる。


血統もどちらかと言えば地味に分類されて、デビューから連勝でも勝ち方も地味。

少し強いくらいだろうなと位置づけていた。




驚かされたのはスプリングSの大物リアルスティール食い。

まんまとと言うかこの時点でもまぐれと思っていた。



続く皐月賞では好走もやはり上位のドゥラメンテ、リアルスティールには及ばないと

結論付け、日本ダービーでは歯車が狂い大崩れ。



休養明けセントライト記念も勝つには勝つがこの相手ならってところで、

本当の驚きは菊花賞。

何で母父サクラバクシンオーが3000m爆走するのよ。

よっぽどこの代に長距離強いのがいなかった?

いずれにせよ常識を破られた。



何かおかしいこの馬。有馬記念でもあわやの3着、年明け中山記念、大阪杯も好走。

そしてまたしてもやられた天皇賞。

何なんだこいつは。何で勝っちゃうの。突然変異かと思うほどの謎の強さ。一度目の覚醒



続く宝塚記念も負けはしたが向かない展開で強い競馬。もはや認めざるを得ない。

さらに秋はミホノブルボンの日本ダービーを思わせるようなジャパンC制覇。



二度目の有馬記念はサトノダイヤモンドと激戦の末僅差で破れるが、

さらに驚かされる年明け。

大阪杯爆走快勝。

二度目の覚醒。



そしてこの馬生涯最高の走りと言ってもいい天皇賞。

あれだけ手こづっていたサトノダイヤモンドをボロボロに叩き潰して、

なんとあのディープインパクトのレコードタイムを約一秒縮める大爆走。

本当に恐れ入った。



自走宝塚記念はその反動か見せ場なく敗退、凱旋門の夢も残念ながら消えた。

しかし恐るべしチャンピオンブラック。

疲れをしっかり取って立て直してまた君臨してほしい。



悠介の逃げ場

音楽、競馬の話をメインにやっていきます。 現実世界でいろいろ苦しむ悠介の逃げ場です。その名の通り。

0コメント

  • 1000 / 1000