ジャッキーチェン

自分で監督をやって自分で主演して。

衰え知らずのアクションはスタントマンもなしというわけではないが

ケガ以外ではほとんど自分でこなしてしまう。

実は歌もやっていたり、ケガをしながらでも出演して様にしてしまう根性、

制作の世界観の広さ、面白さ、人間性いろいろなところで憧れを感じます。

自身が出演の英語吹き替えもやっちゃいます。


こういう姿勢っていうのはなんちゃって芸術家の自分として

憧れを感じます。

というより芸術家本来の姿なんだと思います。

もし自分が思っていることをすべて自分で実現出来たら

どんな世界が作れるだろうかと考えるのは考えます。

それを限りなく自力で実現に持って行ったのがジャッキーです。

アクション映画の神ですね。



アクション


ただ動きがすごいだけではなくて、

ネタ要素の面白さやアルゴリズム的なところにもこだわって作ってあるんですね。

テンポの良さは考えてできるスピードじゃなく、

ドラゴンボール超の身勝手の極意のようなイメージです。

これを作るのに何回録り直して何回こだわってこうなったのだろう。

その辺にあるすべての物は自分の武器。

その辺にあるすべての物は考えようでどうにでも変えられる。

そんなことを思わせます。



バラエティ

鉄腕DASH懐かしい!

お茶目な性格でバラエティもいけるんです。

本当に広い。


ウッチーチェンも凄い


好きなシーン

シティハンターからストリートファイターとコラボ。

面白すぎます。チュンリーチェン(笑)



ベスト・キッドまとめ

この作品はいじめを題材にしていて、

いじめられる主役をジャッキーチェンが強くして

大逆転をする映画です。最後は感動します。




全体的にいい曲が多い。この中だと

ナイスガイ、英雄故事、東京サタデーナイト、チャイナブルーが好きです。



自分も一人でやれるものをすべて表現しきろうと思わせてくれる

励みになる人ですね。

作詞、作曲、イラスト、動画、ブログと自分にも作るものはあります。

それぞれで全力を尽くして王国を作りたいと思いますよ。

国民は国王一人しかいませんけどね。

悠介の逃げ場

音楽、競馬の話をメインにやっていきます。 現実世界でいろいろ苦しむ悠介の逃げ場です。その名の通り。

0コメント

  • 1000 / 1000