西野つかさ

いちご100%。ご存知でしょうか。

昔少年ジャンプに掲載されていた恋愛漫画ですね。


自分が中学生の時に絵が可愛くて

エロ本だと思ってこっそり単行本を買ってから

しっかり読んでみると実はめちゃくちゃいい話で

登場する女の子たちはほんとに良い娘ばかり。


主人公の真中淳平はほんと羨ましいですよね。

こんな日常一度でも送ってみたかった。


本編は映画を作るのを趣味として映像研究部を目指し

高校に入って実際に映画を作っていく中で

様々な女の子と良いシーンになったり

男目線の恋愛漫画です。非常に面白かったです。



自分が好きなキャラは西野つかさです。


簡単に説明すると、

中学時代から学年1モテるようなアイドル的存在で

ショートカット、男勝り、サバサバ、ツンデレ

いやー。日本中の男子かもしれないですが

ほんとに自分の理想の女の子でした。

悠介のショートカット好きの元祖かもしれません。





真中淳平は突如現れた「いちごパンツの少女」に一目ぼれ。

「いちごパンツ」に一目ぼれ?をして

なんとその少女を勘違いして鉄棒で懸垂しながら懸命に告白。

その勘違い告白をされた本人が西野つかさです。


しかし、ひたむき懸命優しく夢に一途な真中が

実は気になっていた西野は

告白に対してOKを出しました。


しかし「いちごパンツの少女」の正体は東城綾で

真中は東城とも西野とももやもやした関係になっていく


西野に関してはそれで一度別れを告げられていました。



真中はこの時点東城を選んで、高校の映像研究部で夢を一緒に目指した。

一方西野も自分の夢を目指し、仲良しグループ唯一1人だけ別の高校に行って

夢のパン職人を追っていた。

実はこの中にも優しさと大人の身の引きがあって

一つは真中とその友人は高校補欠合格で

辞退者が出ないと入学できない状況、合格していた西野は

自分の枠を真中に譲った。

一つは本気で自分に心が向いていない真中に気づき

自身を磨いて振り返らせるために東城綾に真中を譲る感じで身を引いた。



そこから真中と西野は距離はありましたが、西野はひたむきに真中を想い続けて

匿名でバレンタインのチョコをあげたり(別人のものと勘違いされた)

誰にも見せず夢への努力をし続けたり

容姿とは裏腹に健気な娘でした。



ツンの部分は嫌らしい気はまったくせず清々しく

デレの笑顔はめちゃくちゃ可愛いんですね。

性格と生きざまにものすごく影響されていました。

別れた後、数年経って鉄棒告白を西野がやり返すのも好きでした。

最終的に真中は西野を選んだのは本当に良かったです。

この話真のハッピーエンドだと思っています。

西野映像いろいろいきます。



見ちゃダメだからね

再会


VS東城綾


最初の別れ6:30~




会いたい。今から会えない?



もうちょっと後のタイミングの西野も見たいですが

なかなか映像にたどり着けません。

見つけたら載せます。


いやー久しぶりに見たけど心温まります。

悠介の逃げ場

音楽、競馬の話をメインにやっていきます。 現実世界でいろいろ苦しむ悠介の逃げ場です。その名の通り。

0コメント

  • 1000 / 1000