2018 天皇賞春

大阪杯がG1に上がって、天皇賞はよりステイヤー限定のレースになってきていて

戦力も中距離に主流が多い中だいぶ取られてる気がしますが

春の盾。かなり好きなレースなんですね。


去年はサトノダイヤモンドの応援で京都まで駆け付けましたが

無念でした。


今年は応援する馬決まっています。



予想


◎レインボーライン

○ヤマカツライデン

▲ガンコ

△サトノクロニクル

×アルバート


◎レインボーライン

前走阪神大賞典は父ステイゴールドの覚醒を感じさせる強い内容。

たびたびG1でもポテンシャルを見せていて、菊花賞でもサトノダイヤモンドの2着あり。

マイルで重賞を勝てるスピードも兼ねていて、

高速決着になりやすい京都は力出せる。

問題は枠だけ。好きな馬で応援込みです。


○ヤマカツライデン

超スローにもしかしたらなるんじゃないかと予想。

よぎるのはビートブラックにイングランディーレ

行く馬はおらず、ビュンといけるタイプも少ないと見ていて、

是非思いきった競馬をしてほしいです。


▲ガンコ

クリンチャーの主戦でもあった藤岡J騎乗。

乗り替わりの大人の事情を考えても、

クリンチャーには徹底して勝ちに行くでしょう。

馬も立ち回り上手ですし、枠もかなりいいところに入って絶好です。

底はまだ見せていないですし、地味なイメージがノーマークにもつながりそう。

他が後ろでモタモタしてるうちにスルスルと前目から早め抜け出しで。


△サトノクロニクル

菊花賞の本命馬です。

菊花賞はドロンコ消耗戦なんで度外視!

本来はこういう高速馬場長距離が合う馬で見直し。

阪神大賞典でもいい競馬してました。


×アルバート

去年もとんでもないレコード決着の中、ベスト5に来ています。

その後ろとは力ありますし、阪神大賞典はスローでポジションが後ろ過ぎましたが伸びています。

長距離では外せないですね。

枠がちょっとついてないです。



シミュレーション


この結果だと一応的中です。

12→6の馬単を買おうと思っているので。

超スローになって5がもうちょっと粘れるんじゃないかと踏んでいます。

悠介の逃げ場

音楽、競馬の話をメインにやっていきます。 現実世界でいろいろ苦しむ悠介の逃げ場です。その名の通り。

0コメント

  • 1000 / 1000