2018 優駿牝馬

オークスではなく優駿牝馬と書きたいかっこつけです。


優駿ってかっこいい響きですよね

湯俊牝馬(オークス)、東京優駿(日本ダービー)

競馬の祭典です。競走馬人生一度しか出れない

世代の頂点を決めるレースです。


いろいろなホースマンが夢を持って馬を作ってきます。


やってきましたね。この時期。

今年も楽しみです。



予想

◎サトノワルキューレ

〇リリーノーブル

▲ラッキーライラック

△ロサグラウカ

×アーモンドアイ


◎サトノワルキューレ

スローのフローラステークスは不利な後方から一頭だけ異次元の脚で追い込み

あの競馬でレコードタイムっていうのも相当です。

上がりも33.4??破格です。

キレる脚もあって長い脚も使えて距離実績があって。

問題は相手関係とゲートの出だけっていうところで

かなり好きなタイプな馬なので今回応援します。

そしてサトノ軍団。ダイヤモンド様のインスピレーション

やはり、里見さんはこういうタイプの馬をよく連れてくる。

走りのタイプが近いんですよね。

(完成は秋かも)


〇リリーノーブル

善戦マンになりそうですね。

今回アーモンドアイとサトノワルキューレは後方待機でしょうし

果敢に前で攻めて欲しい一頭。

切れ味よりもジワジワ伸び続ける感じに

エアグルーヴの血が入ってることから距離も持ってオークス向きと見ています。

調教は良かったんですよね。凄いタイム出してますし。

そして最内枠。

かかり癖は心配ですが究極に仕上げてきたと見て

ラッキーライラックの逆転は考えています。


▲ラッキーライラック

能力は間違いなし。あとは内枠から前目で競馬したいのと

個人的に思っている距離が微妙に長そう感。

今までは気性的な悪さは見せていませんが

父オルフェーブルが少々気になっています。

桜花賞ロックディスタウンのバックドロップもあったりで

突如掛かったり乱れたりとかは十分あり得ると思っております。

昔からステイゴールド系は牝馬で長い距離を走る馬が少ないイメージがあって

気性の問題と思っています。

大きくは崩れないと思いますが、最後抜け出してから100mが甘くなりそうな

気がしていてちょっと下げています。


△ロサグラウカ

バラ一族で、エアグルーヴの血も持っているオークス血筋です。

前走中山である程度長い距離を経験していますし、坂も大丈夫。

スタミナ型でしょうね。そのぶんキレずジワジワはいつものバラ一族の感じで

完成も先だと思いますし上位に勝てるとは思っていませんが

名門血筋の底力は見たいですね。バラ一族ありきのクラシックですから。

応援入っています。


×アーモンドアイ

桜花賞ノーステッキで強いですが、やっぱり距離が不安ですねぇ。

2400mであの位置からだと距離以前に普通に届かない気もしていますし。

自分で動いていけないのは少々弱点かなと思っています。

これでスタミナ戦まで勝ってしまったらそれこそ史上最強クラスでしょう。

マイルでとんでもなくキレすぎる馬の距離延長敗退っていうのは

ハープスターと似たタイプだと思っていますが、

最後追い込むもやっぱりあの位置からでは厳しいっていう内容でしたしね。

大崩れはないですが勝ちきりは危ないと思っています。





シミュレーション

この動画だとアーモンドアイとサトノワルキューレの位置取りは逆かなと思いますが、

近いものになるんじゃないかなと思います。

アーモンドアイが早めに動いて最後が若干甘くなるパターンも

あり得ると思いますし。


さて温泉で観戦します。

悠介の逃げ場

音楽、競馬の話をメインにやっていきます。 現実世界でいろいろ苦しむ悠介の逃げ場です。その名の通り。

0コメント

  • 1000 / 1000