2018 東京優駿

今年も祭典日本ダービーの週がやってまいりました。

数々のドラマが毎年起きています。

ホースマンにもファンにとっても特別なレース。

白いシャドーロールの怪物ナリタブライアン(5:30~)

先日天へ旅立ったスペシャルウィークが武Jを導く(3:10~)

同じくテイエムオペラオー時代の3強対決(2:35~)


大王キングカメハメハの変則二冠(5:40~)

ディープインパクトの衝撃(4:50~)

ウォッカの牝馬ダービー制覇快挙(3:40~)

父の金の資質を磨いたオルフェーヴル(1:05~)



ディープブリランテ岩田J男泣き(1:50~)

マカヒキVSサトノダイヤモンド健闘の握手(2:10~)



ほんとに一個一個をドラマにしたいですね。

今年はどんな感動を味わうことができるでしょうか。


やっていきましょう。



予想


◎キタノコマンドール

○ブラストワンピース

▲ダノンプレミアム

△ステイフーリッシュ

×グレイル


◎キタノコマンドール

キャリアが浅いですが、そんな中でもあの皐月賞を掲示板しているのは評価です。

内容も大外を回して最速上がりタイで最後まで伸びています。

距離も延びていいタイプだと思いますし、

伸び代の部分では相当だと思っています。

調教、枠も良かったと思います。

持ってる馬ですね。


○ブラストワンピース

今年も毎日杯組は強いと思っています。

圧倒したギベオンがNHKマイルCを勝ちに等しい2着。

最強レベルでの2400mは少々不安ですが、距離実績も持っています。

今年は皐月賞が消耗戦で、王者ダノンプレミアムはアクシデントもあり順調に使えず。

実績組に隙ありと見て別路線最強を推したいと思います。

負けてないのも好感。


▲ダノンプレミアム

皐月賞を使えなかったのが痛いと取るか、消耗戦を避けられてラッキーと取るか

個人的には皐月賞ダメだった時点で

NHKマイルCを目指してほしかったです。

ダービーはやっぱり距離が長そうな印象があります。

掛かりそうな雰囲気をレースでも調教でも出していて。

それでも能力高さで勝ち負けまで持ってくる器ですね。最内に入りましたし。


△ステイフーリッシュ

京都新聞杯は2番手から好上がり好タイムで評価しています。

そして横山典J騎乗のため、恐ろしいのがレースぶっ壊しポツン。

行こうと思えば行けるメンバーだと思うので、

思いきった騎乗期待しています。


×グレイル

皐月賞で後ろから強い競馬をしたのがグレイルです。

悪天候の中よく延びていましたし、距離が長くなって見直したいです。

共同通信杯の謎の負けが気になりますが、

若さと距離が短かったのでは?と思います

皐月賞を見る限り問題なくいい走りですし、

レイデオロと同じような皐月賞内容だと感じていて

ダービーではもう少しやれると思います。


エポカドーロ、ステルヴィオ、ワグネリアン、ジャンダルムは距離不安で

サンリヴァルは乗り代わり、前走展開の助けが効いた

タイムフライヤーはおそらく精神的なもので様子見。

(ダート馬じゃないかと思っている)

それぞれ外しています。


無念のビッグスモーキーと弟の思いを乗せてテーオーエナジーは応援はしたいですが、

×印の次評価にしました。

実際馬券を買うとしたら買い目には入れるかもしれません。

今日は現地ではありませんが、弟と応援に行ってきます。



シミュレーション


一応これだとワイド的中ですね。元取りみたいなものですが。

グッドラック!

悠介の逃げ場

音楽、競馬の話をメインにやっていきます。 現実世界でいろいろ苦しむ悠介の逃げ場です。その名の通り。

0コメント

  • 1000 / 1000