Chu-Z

久しぶりにChu-Zを見に行ってきました。

人数が増えていました。

個性が強いグループだと思います。

昔推しメンは赤のカナちゃんだったんですが、

緑のでんでん(かえで)ちゃんのあっさりしたイメチェンに

新メンバー青の双葉ちゃんも唄うまいし良かったです。

演出でファンと握手を入れてきたり、客船近辺まで来てくれたり

近いアイドルだと思います。

やっていた場所もまた独特で、ショッピングモールの一回出入り口の

狭ーいところで壁ギリギリを攻めてやっていたり。



メンバー紹介含めドキュメントからいきましょうか



ほんとに個性派だと思います。ヘッドスピンやる娘がいたり

制作側に回ってもいけるくらいの作詞作曲ギタリストがいたり

ジャグリングする娘がいたり

アイドルコンテスト優勝者がいたり

個人的には新体制になってまた好きになりました。

やはりカナちゃんのパワフルさと滝のような汗の全力プレイが好きです。


曲紹介


ボンバスティック!

気合の入った曲でライブでも盛り上がります。

ちなみにPVでメンバーが持ってるボンバスティック!持っています。




ギミアチャンス!

こちらも気合の曲ですね。

この間のライブもChu-Zらしさ満開でした。



1/4の胸の衝動

サビ後半の「傷ついたふりしても」近辺が好きです。

かっこいい曲ですね。juice=juiceっぽいイメージを持っています。

⇒juice=juiceはこちら

やっぱりライブの気合の入り方がとても好きです。



IROHA MUSIK

和風の変わった構想の曲。自分の中でChu-Zといったらこちらの曲なんですね。

アルバムを車で聴いてると毎回面白いなーと衝撃受けます。

最後のカナちゃんの「これであなたもメロメロよ」がどはまりです。

CDだとこの後にうっふーん♡が入ります。



Brand Boy

悠介大好きな繰り返し系です。とても耳に残ります。

歌詞もいいですね。



GIRLS ON THE RUN

Chu-Z代表曲ですね。それぞれのカラーを取り入れて

良さを爆発させた感じです。ほんとにChu-Zらしいです。

カナちゃんのサビ部両手広げが印象的



また定期的に見たいですね。

悠介の逃げ場

音楽、競馬の話をメインにやっていきます。 現実世界でいろいろ苦しむ悠介の逃げ場です。その名の通り。

0コメント

  • 1000 / 1000